【コロナ禍の経営について】借りれるだけ借りておく

【コロナ禍の経営について】借りれるだけ借りておく

 

銀行からお金を借りれるといいうことは、力のある証拠です。普通は、借りたくても貸してくれません。どんなに素晴らしい事業計画書を持って行っても認めてくれません。

 

今順調で余裕があったとしても、借りれるだけ借りておいて下さい。明日はどうなるかわからないからです。

 

手持ちの資金がある会社ほど、有利です。

 

銀行からお金を借りるのは嫌だという方がおられますが、今のような状況の時こそ、お金を持っておくこと。

 

また、こういう話は、実際あまり聞かないと思いますが、これが経営では一番大事なことです。

 

会社は、外から見るとどういう状況なのかはわかりません。強い会社というのは、資金的余裕がある会社です。

 

そのためには、どういう資金調達をすれば良いか、考えてみて下さい。