【お米屋さんからの相談電話より】県ごとの対策はありますか?

【お米屋さんからの相談電話より】県ごとの対策はありますか?

 

いつもブログを読ませていただいていますと言って、電話がかかってきます。

 

お聞きになりたいのは、米屋として県ごとに対策が違うかどうかということです。

 

生産地と消費地とでは違います。それと、認知度が高く、ブランディングできている米が県内であるかどうかでも違います。

 

また、お米屋さん自体が、日本全国からおいしい米集めをしているかどうかでも違ってきます。

 

もし、こだわりの自慢の米があるなら、ネットで売るべきです。ホームページや買い物かごがなくても、SNSでつぶやき続ければ、問い合わせがきます。

 

そういう米を持っているかどうかが、大きな鍵です。

 

県内でもおいしいと言われる米を集めて下さい。

 

一方、消費地の大阪などでは、大阪米というのはないです。だから、日本全国のおいしい米を集めます。そういう米を集める力がある方が勝っています。

 

いろいろ詳しい話がお聞きになりたい方は、直接電話ください。お話しさせていただきます。