【和食の飲食チェーン店の戦略について】弁当のテイクアウトに力を入れている

【和食の飲食チェーン店の戦略について】弁当のテイクアウトに力を入れている

 

いつもだったら盛況のはずが、コロナでほとんどお客様が来ない。宴会場も未使用のまま。

 

そこで打った手が、弁当のテイクアウトです。新聞折込チラシを入れてまで売ろうとされています。それだけ厳しいのでしょう。

 

また、以前に比べて価格を安く設定されています。やはり、売れ筋は1,500円以下。

 

いくら和食がメインだからと言っても、高い弁当は売れません。

 

それと、和食の店なのに、肉系の弁当がいくつもあります。

 

やはり、安くておいしい肉系の弁当がよく売れるのでしょう。

 

弁当テイクアウトの研究の後が見れます。

 

ただし、まだ宅配はやっておられません。今後、宅配をどうするか、そこが課題です。

 

店内飲食から、弁当販売へ。コロナが収まるまでは、この路線が良いと思います。