【食品スーパーのコロナ禍の販売戦略について】独自のうまいもの市の企画の開催

【食品スーパーのコロナ禍の販売戦略について】独自のうまいもの市の企画の開催

 

駅弁・空弁を集めてきても、昔のようには売れない。まず、価格が高過ぎます。

 

そこで、自社開発した、ご当地弁当などを作って販売し、当たっておられます。

 

この方が、リスクも少なく、自由に作れます。

 

また、それだけの力を持っておられます。他社が作った商品に頼らなくても良い状況が生まれています。

 

食品スーパーに置かせていただければ、販売数量が伸びるという時代ではなくなっています。

 

それに、お客様の口が肥え、安くておいしいものを探すようになっています。

 

そのため、毎週末はうまいもの市の開催。家でちょっとした贅沢をするには、最適です。

 

週末外食をしていた人が、うまいもの市を利用するようになっています。

 

ひょっとすると、これが定着するかもしれません。