【米卸・米仲卸のコロナ禍の経営戦略について】コロナの影響で、業務店・飲食店の注文が激減している。一般消費者向けの米は売れないか?

【米卸・米仲卸のコロナ禍の経営戦略について】コロナの影響で、業務店・飲食店の注文が激減している。一般消費者向けの米は売れないか?

 

確かに、コロナの影響で業務店・飲食店の注文が激減しています。撤退・閉店された店も多いです。

 

それに、時短営業で、〆のごはんまで行きません。これでは、未来が見えてきません。

 

そこで、今まであまり力を入れていなかった一般消費者向けの米の販売を考えられます。うちでも売れるか?

 

米卸や米仲卸の看板が邪魔になるかもしれませんが、その場合、別ブランドで立ち上げることもできます。

 

また、一般消費者向けの米は、安いかブランド力のある米か、二極化しています。安い米は、やはり食品スーパーが強いため、止めておいた方が良いです。

 

やるなら、ブランド米です。おそらく業務用・飲食店用の米を販売していたのなら、そういう米が入ってくるかどうかです。

 

高くても名の通った、幻の米なら、可能性があります。

 

それと、こういう米は店頭では売れません。ネット通販で売ること。

 

米集めがどれだけできるかが鍵です。

 

一度話を聞いてみたいという方は、お気軽に問い合わせ下さい。