【ある小型食品スーパーが売れていない理由について】大阪は安くないと繁盛しない

【ある小型食品スーパーが売れていない理由について】大阪は安くないと繁盛しない

 

今年に入ってオープンした小型食品スーパー。立地は、大通りのほぼ角地で最高です。

 

かなり売られるのではと思っていましたが、朝一番に定点観測に行くと、レジは一人。お客様は私を含めて二人でした。

 

商品を調査すると、普通の食品スーパーよりもどの商品も10円以上高いです。

 

大阪では、高いと利用されません。一度そのイメージが付くと、来店されなくなります。

 

そのため、高級店や綺麗な店ほど苦戦します。

 

なるべく、お金をかけずに、少しでも商品を安くする。

 

例えば、グロッサリーや酒類などは、メーカー小売価格があり、いくらなら安いかお客様はよくご存じです。

 

自分が毎日飲むお酒1缶が安くないと、買いません。

 

どうも戦略をミスっているような気がします。

 

安さを売りにしないと、繁盛は難しいです。