【コロナ禍の銀行の動きについて】民間金融機関が焦げ付きを恐れて融資をためらうケースが増えている

【コロナ禍の銀行の動きについて】民間金融機関が焦げ付きを恐れて融資をためらうケースが増えている

 

追加融資を行っても、事業が元に戻るかどうかはわかりません。

 

特に、飲食店は厳しいです。もし、追加融資をするなら、今とは異なるビジネスを始めることが条件です。

 

例えば、弁当やテイクアウト、宅配にネット通販、キッチンカーやゴーストレストランなど、そういうものが計画書の中に入っていないと認めてくれません。

 

今厳しいからといいうのは、正当な理由になっていません。

 

未来が見える計画書。それが大事です。

 

銀行もある意味プロです。経営のことをよくご存じです。

 

新しいビジネスを立ち上げることができるかどうか、そこにかかっています。