【コロナ禍の飲食店経営について】閉店するだけでなく、新しいものを生み出すこと

【コロナ禍の飲食店経営について】閉店するだけでなく、新しいものを生み出すこと

 

数十店舗、飲食店を展開している企業が、売上を見込めない業態を閉店しています。

 

それはそれで良いことなのですが、新しいものが生まれていません。

 

新しいものというのは、新業態ではなく、新しい売り方をしたものです。

 

飲食店は、接客レベルを上げると、客単価が上がり、売上が上がると言われてきましたが、今はコロナの影響で非接触です。無駄な接客はいりません。

 

また、宴会が回復していない以上、売上は見込めません。

 

宅配やゴーストレストランが繁盛する時代です。発想を切り替えないと上手く行きません。

 

新しものを創り上げる。それが、課題です。

 

どうやって一歩抜け出すか、それを考えて下さい。