【コロナ禍の飲食店経営について】一流料理人にはなれないことくらい自分ではわかっている。だからこそ、弁当やテイクアウトで勝ちたい!

【コロナ禍の飲食店経営について】一流料理人にはなれないことくらい自分ではわかっている。だからこそ、弁当やテイクアウトで勝ちたい!

 

正直な気持ちだと思います。誰もが一流調理人になれるわけではないです。だから、自分で生きる道を探す必要があります。

 

今回のコロナは、そのチャンスを活かせます。

 

弁当やテイクアウトは、一流調理人の方は狙わないでしょう。だから、そこで勝てる可能性があります。

 

何でも勝ち残ることが大事です。

 

勝ち方もいろいろあります。一流調理人がすべてではないです。

 

だからこそ、人生は面白いです。