【融資や金利選びについて】金利が高くても 担保と保証人がいらないものにする

【融資や金利選びについて】金利が高くても 担保と保証人がいらないものにする

 

よく、少しでも金利が低いものを選ぼうとする方がおられます。

 

しかし、金利が低くても、追加の担保を要求されたり、新たに保証人がいるとなると有利ではないです。

 

少々金利が高くなっても、担保や保証人がないものが良いです。

 

例えば、保証人を抜くということは、できないからです。窮状に陥った会社からの依頼で多いのが、家族の誰かを保証人から抜くという相談が多いですが、それは認めてくれません。

 

だから、保証人は社長一人にして下さい。

 

担保の設定も必要最低限にする。

 

金利の大小は、関係ないです。

 

お金の借り方もルールがあります。

 

どういう借り方が良いのか悩んでいる方は、一本電話ください。

 

アドバイスさせていただきます。