【コロナ禍のマーケティング戦略について】宅配のある街かどうかで、戦略が異なる

【コロナ禍のマーケティング戦略について】宅配のある街かどうかで、戦略が異なる

 

何かおいしいものを食べたいと思った時は、外食するのが普通でした。

 

ところが、コロナの影響で、外に出れません。そういう時は、ウーバーイーツか出前館で注文します。

 

これが、都会では当たり前になっています。もう、飲食店はいらない。わざわざ行く必要がなくなっています。

 

そうすると、宅配の有無で経営戦略は異なってきます。

 

まず、宅配がある町では、いち早く宅配をやること。それをビジネスの柱にする必要があります。

 

一方、宅配がない町は、今まで通りのやり方で、どうやって伸ばすかです。

 

でも、この差は大きいです。

 

宅配という化け物が出てきて、市場は一変しています。

 

宅配をどう攻めるか、そこが鍵になっています。