【コロナ禍の飲食店経営について】唯一無二の作り立て、出来立ての提供がテイクアウトや冷凍は向かない

【コロナ禍の飲食店経営について】唯一無二の作り立て、出来立ての提供がテイクアウトや冷凍は向かない

 

今まで、唯一無二の作り立て。出来立ての提供でやってきた店。コロナだからと言って、テイクアウトや冷凍にすると、その良さが全く出なくなります。

 

だから、逆転現象が起こっています。

 

テイクアウトでもおいしい。冷凍にしてもおいしいという店が伸びています。

 

店でしか味わえないものを追求する。それが、飲食店の目標でしたが、それが崩れています。

 

何が当たるか、わからなくなっています。