【コロナ禍の居酒屋経営について】お酒の提供ができないので、ランチタイムお客様は一人だけ。弁当・テイクアウト、宅配を考えた方が良い。

【コロナ禍の居酒屋経営について】お酒の提供ができないので、ランチタイムお客様は一人だけ。弁当・テイクアウト、宅配を考えた方が良い。

 

お酒の提供ができないので、ランチタイムお客様は一人だけ。これでは、店を開ける意味がないです。

 

また、緊急事態宣言が延長されれば、またこの状態が続きます。

 

早く、弁当・テイクアウト、宅配を考えた方が良いです。

 

飲食業界の命運は、ここにかかっています。

 

生き残るには、これができるかどうかです。