【弁当の販売戦略について】弁当を食べた回数・頻度でマーケティングが異なる

【弁当の販売戦略について】弁当を食べた回数・頻度でマーケティングが異なる

 

東京や大阪では、弁当はポピュラーな商品になりました。それに、外へ出かけなくても宅配で何でも注文できます。

 

また、町中でも弁当は、どこでも売っています。

 

そのため、弁当を食べた回数・頻度でマーケティングが異なります。

 

まだ、地方都市では、弁当はハレの日の商品で、高い価格のままです。

 

弁当は、ほとんど食べない文化が残っており、飲食業界に革命が起こっていません。

 

飲食業界は、この弁当の宅配が出てきて、大きく変わってきています。

 

弁当の宅配の有無で、戦略は違ってきます。

 

でも、伸びるのは、この弁当の宅配がある町です。

 

見方によっては、良いものが出てきた感じがします。