【飲食業界における夢と現実について】一流料理人を目指すのではなく、弁当・テイクアウトが売れる店を作る

【飲食業界における夢と現実について】一流料理人を目指すのではなく、弁当・テイクアウトが売れる店を作る

 

飲食業界では、有名店で修業し、一流料理人になるのが夢でした。

 

ところが、コロナの影響で、高級料理店は利用されなくなり、一番苦戦しています。

 

そのため、弟子も入ってきません。逆に、辞めて行く人が増えています。

 

それに、腕さえ良ければ、居酒屋を開業するということができました、その居酒屋もダメです。

 

だから、あえて一流料理人を目指さずに、飲食業を事業として再構築する人が出てきています。

 

弁当・テイクアウト・宅配に特化した店やゴーストレストランのような形です。

 

もう、昔のイメージは捨てた方が良いのかもしれません。

 

今の時代は、才覚です。それを持った人が、抜き出るでしょう。

 

夢も変化しているようです。