【一頭買いの焼肉店の経営戦略について】ネット通販で精肉販売を行う

【一頭買いの焼肉店の経営戦略について】ネット通販で精肉販売を行う

 

一頭買いの焼肉は、店内営業の場合は、安くていろんな部位が食べれるため、魅力的ですが、これがネット通販になるとそうでもないです。

 

また、ネット通販では、希少部位のセット商品がほとんどないです。

 

ブロックやステーキ肉が数枚入ったもの、すき焼き用の肉などが多いです。

 

あるいは、松坂牛のようにブランドで販売されています。

 

もし、一頭買いを売りにするのであれば、希少部位のセット商品を作ること。

 

日頃食べれないようなものが食べれるとうれしいです。

 

そのセットメニューの希少部位は、5~10種類は欲しいです。

 

お客様は、少々高くても家で贅沢ができる焼肉セットを求められています。

 

家で豪華な焼肉。そこを狙って下さい。