【評価制度や人事考課表を作るのをおすすめしない理由について】これらを作っても会社の業績は変わりません。社員が成長することはないです。時間と費用がかかるだけです。

【評価制度や人事考課表を作るのをおすすめしない理由について】これらを作っても会社の業績は変わりません。社員が成長することはないです。時間と費用がかかるだけです。

 

コンサルタント会社に、評価制度や人事考課表の作成を依頼すると、数百万円の見積もりが来るでしょう。コンサルタントにとっては、いちばんおいしい仕事です。それに、プレッシャーはないです。

 

それは、業績や売上を上げるのではなく、書類を作るだけだからです。

 

また、評価制度や人事考課表は、作っても長続きしません。業績が安定していて、右肩上がりに会社が成長して、総額の人件費を開けることができることが導入条件です。

 

それに、こういうものを作ると、社員の方に負荷がかかります。給料も上がらないのに、夜遅くまで作成の手伝いをやったり、休日返上で協力しないといけません。

 

自分の給料が上がらないのに、作っても意味があるのかなぁと疑心暗鬼になります。

 

仕組みを作るよりも、どうすれば社員の給料が上がるかを伝えた方が良いです。

 

良い会社は、評価制度や人事考課表がある会社ではないです。給料が上がっている会社です。

 

会社の経営で一番大事なものは何か、それを見極めて下さい。