【人材の育成と現実について】優秀な人は転職する。だから、愛社精神を持った人を可愛いがる。

【人材の育成と現実について】優秀な人は転職する。だから、愛社精神を持った人を可愛いがる。

 

よく、頑張っている優秀な社員を評価する仕組みを作りたいと相談があります。

 

しかし、優秀な人は、いろんなところから声がかかっています。そのため、いつか突然、転職されるでしょう。

 

でも、そのことを会社は、ご存じないです。優秀な人を高く評価する会社は、理想的なように見えて、全く機能しません。

 

そうすると、どういう人を評価するのが良いか?

 

それは、愛社精神を持った人です。

 

会社が好き、社長が好きという人を育てて下さい。

 

絶対にお金好きを育てないこと。

 

それが、会社経営です。