【コロナ禍の飲食店の打開策について】冷凍食品か、フードデリバリーか

【コロナ禍の飲食店の打開策について】冷凍食品か、フードデリバリーか

 

コロナの影響で、お客様が来なくなった。利用されなくなり、業績はガタガタ。

 

そこで、冷凍食品に活路を見出そうという会社があります。

 

しかし、どんなに素晴らしい商品を作っても、店頭に並べるだけでは売れないでしょう。それなら、来店が必要だからです。

 

もし、冷凍食品をやるなら、ネット通販です。それに、必ず売れる商品を出すこと、商品数だけ増やしても厳しいでしょう。

 

そうすると、かなりの投資が必要になってきます。

 

一方、今絶好調なのが、フードデリバリーです。こちらは、大きな投資はいりません。数多くのフードデリバリー会社に登録し、こちらを事業の柱にされている会社もあります。

 

元々、フードデリバリー会社のシステムに乗るだけなので、コストがかかりません。

 

後は、フードデリバリー用の商品をいかに作るかです。

 

また、冷凍食品は、在庫の問題もあります。フードデリバリーのように、注文があってから作るのではないため、ロスが発生します。

 

どう判断するかは、経営者の考え方次第です。