【欲しい人材と現実について】人材派遣会社は、どんなに素晴らしい評価システムを作っても、能力評価だけで、愛社精神のない人を紹介することになる

【欲しい人材と現実について】人材派遣会社は、どんなに素晴らしい評価システムを作っても、能力評価だけで、愛社精神のない人を紹介することになる

 

いつも社長は、人材派遣会社を使って失敗したとおっしゃいます。

 

仕事がある程度できて、能力がある人は来てくれるけど、自社の社員に比べて愛社精神が全くない。

 

これでは、人として成長しない。他のやる気のある社員に悪影響を及ぼしかねない。

 

だから、採用の基準を愛社精神に変えられます。

 

これが、経営者の本音だと思います。

 

長く勤めるためには、この愛社精神が一番大事です。

 

仕事は、能力や技術・スキルだけではないです。

 

大切なものをわかっていないと、採用は上手く行きません。