【数字の見方について】5か年比較貸借対象で、確実に借入金の額が減っていること

【数字の見方について】5か年比較貸借対象で、確実に借入金の額が減っていること

 

まず見る数字はここです。

単月で赤字であっても、借入金が確実に減っているかどうかが大事です。

逆に、黒字で売上が上がっていても、返済ができていないものは危険です。

 

毎月どれくらいの金額を返済しているか、そこを見られます。

 

また、窮状に陥っても、この返済を止めれば、経営は成り立ちます。

 

5か年で、どれだけ返したか、それが会社の力です。

 

借入金を減らすために経営している。そんなふうに見えるかもしれませんが、それが一番大事です。

 

借りることよりも返すことを考える。

 

これが、会社経営です。