【決算書の見方について】総資産額以上に短期借入金+長期借入金の額の方が多い

【決算書の見方について】総資産額以上に短期借入金+長期借入金の額の方が多い

 

決算書のどこを見るか?

それは、総資産額と短期借入金+長期借入金の額です。

 

通常は、総資産額の方が多くなっていますが、たまに借入金額の方が多いです。

 

また、総資産額は、修正貸借対照表を作って、修正すると必ず金額は小さくなります。現実に合わせて見積もるとそうなるからです。

 

一方、借入金の額は減りません。変わりません。

 

だから、この借入金が減っているかどうかが大切です。

 

経営改善計画書もこの借入金をどうするかです。そのために作成します。

 

必ず、この数字、チェックして下さい。