【ラーメンコンサルの変化について】ラーメンの作り方ではない。いろんな売り方を教えて欲しい。

【ラーメンコンサルの変化について】ラーメンの作り方ではない。いろんな売り方を教えて欲しい。

 

突然、ラーメン店様から電話がかかってきます。経営相談の電話です。

 

御社が飲食店コンサルティングに強そうだから電話をしたとおっしゃいます。

 

確かに、飲食店には強いですが、ラーメン店様をサポートしたことは、今まで数件しかないです。だから、そのことを正直にお伝えします。

 

とおろが、ラーメンの作り方ではない。いろんな売り方を教えて欲しいらしいです。

 

この時、はっと気づきました。ラーメン作りや店づくりの提案を行っているラーメンコンサルはニースに合っていないということです。

 

そこで、私が確かめるのは、以下のようなものです。(ほんの一部です。)

フライヤーはありますか?

丼もの・定食はできますか?      

ツーオペは、可能ですか?

 

ラーメンのテイクアウトはできますか?

から揚げなどのテイクアウトはできますか?

デリバリービジネスは考えていますか?

チャーシュー・餃子の通販はできますか?

ランチタイム時、弁当は販売できますか?

他店と共同の商品づくりや企画は行えますか?

 

インスタやツイッターはできますか?

ブログはやっていますか?

グーグルマイビジネスに口コミ投稿を入れてもらっていますか?

 

ラーメンそのもの相談はありません。店づくりの質問もないです。

 

これがラーメン店様に対するアドバイスの現実です。

 

ラーメン以外の売り方のアドバイスをしてくれる人を探しておられます。

 

ラーメンコンサルのあり方、変わったようです。

 

これに対応できないと、仕事の依頼は来ないでしょう。