【有名とんかつ専門店の経営戦略について】2,000円超えても食べたいとんかつ

【有名とんかつ専門店の経営戦略について】2,000円超えても食べたいとんかつ

 

そういうとんかつは、弁当では満足しない。店内のカウンターで食べたいです。いつも行列ができたり、〇時間待ちが当たり前。コロナでも影響がないようです。

 

こういう店になれば強いです。弁当やテイクアウトをやらなくても、売上が上がっています。

 

しかし、こんな店ばかりではないです。

 

そのため、いろんな業態の店が、とんかつをデリバリーしています。

 

例えば、揚げ物屋という店を開き、揚げ物専門の料理をデリバリーする店まで出てきています。

 

本物か、デリバリーか、二極化しています。

 

どちらも上手く行っているようです。後は、店主の方の考え方次第です。