【食文化の二極化について】雨が降っているとすぐにデリバリー注文する

【食文化の二極化について】雨が降っているとすぐにデリバリー注文する

 

雨が降っているので、お昼はデリバリーにしようと思って探しても、どこも注文できません。みんな同じことを考えています。

 

これが、都会の風景です。

 

もう店にわざわざ行かなくてもおいしいものが食べれます。

 

昔、会社では、雨が降ると出前を取っていましたが、今はデリバリーがあります。

 

そのため、オフィス街のデリバリー需要が物凄いです。

 

出前がデリバリーに代わっています。

 

麺類やどんぶりもののデリバリーもOKです。

 

デリバリーがある町とそうでない町、大きな差が生まれています。

 

一度便利なものを覚えると、そこから離れなくなります。

 

まだまだ、デリバリーは伸びそうです。