【コロナ禍のお米屋さんの経営について】おにぎり弁当のデリバリーはできないか?

【コロナ禍のお米屋さんの経営について】おにぎり弁当のデリバリーはできないか?

 

飲食店・業務店向けの納品が激減している。

イベントに参加できない。

そのため、精米機は、昔のように動いていない。小型精米機さえあれば十分。

 

しかし、暇を持て余している。何か良い商売はないか?

 

そこで、おにぎりの店頭販売を考えられる方がいますが、おにぎりは立地が良くないと売れません。普通の街中では厳しいです。

 

もし、次のビジネスを考えるのであれば、おにぎり弁当のデリバリーを考えて下さい。

 

都会では、今このおにぎり弁当が流行っています。米や炊き方にこだわり、おしゃれなケールに入っています。

 

唐揚げもこだわったカットの仕方、タレの漬け込みで、唐揚げ専門店よりもおいしくなっています。

 

それに、付け合わせは、日替わりで3品付いています。ここまでやれば、売れるでしょう。

 

店頭でおにぎりを販売しても30個程度。また、廃棄ロスも出ます。

 

それなら思い切って、おにぎり弁当のデリバリーをするという方法もあります。

 

とりあえず、実際におにぎり弁当を探して、デリバリー注文してみて下さい。

 

今はこのおにぎり弁当にスポットライトが当たっています。