【お米屋さんの経営戦略について】売れる商品の時流が変わる

【お米屋さんの経営戦略について】売れる商品の時流が変わる

 

食管法が改正されて、一気に仲卸が伸び、米のディスカウントショップも出てきました。

その後、飲食マーケットが伸びると同時に、飲食店や業務店を狙って業績を伸ばしてきました。

 

また、お米のネット通販が盛んになり、各店、ポータルサイトを使った売り方をしました。

さらに、今度は、お米ギフトが登場し、こちらも新たなマーケットを生みました。

 

ところが、コロナの影響で、これらの戦略が効きません。

 

販売戦略は、時代ともに変化して行きます。その変化に気づくべきです。

今は、高級米をSNSを使って売る時です。

 

SNSをやらないと、どんな商売も発展しません。

 

Lineでお客様とやり取りをして、注文をいただいたり、配達時間を決めている方もおられます。

 

SNSを攻略すること。

 

私もブログとツイッターを使って、成果を上げています。

 

今は、他のどんなことをするよりも、SNSがおすすめです。