【大阪の飲食店の対応策について】まん延防止延長のため、8月22日まで閉店

【大阪の飲食店の対応策について】まん延防止延長のため、8月22日まで閉店

 

延長が決まり、店を開けないところがかなりあります。やってもアルコールの提供時間が制限されているため、そう判断されたのでしょう。

 

5月から休業されていますので長いです。でも、そのような店が商店街にたくさんあります。

 

まだ、日常に戻っていません。

 

お盆過ぎまで、このままでは食文化が変わりそうです。

 

それでも、開けても赤字なら、閉めておいた方が良いのかもしれません。

 

店が普通に開くことを期待しています。