【人材の募集・採用について】自前で育てるか、外から優秀な人材を採るか、それは愛社精神の有無で決める

【人材の募集・採用について】自前で育てるか、外から優秀な人材を採るか、それは愛社精神の有無で決める

 

外から、優秀な人材を採る。条件さえ良くすれば可能かもしれません。

 

しかし、その方に愛社精神はあるでしょうか?生まれるでしょうか?

 

会社の存続は、この愛社精神で決まります。結局最後は、愛社精神を持った人が残るからです。

 

どうしても必要な時は、外部から入っていただくしかないですが、長期的に見て、自前で育てて行くことを考えて下さい。これが、理想のあり方です。

 

会社を安定させるためにも、愛社精神を持った人の集団にすること。

 

このことは、業績以上に大事なことです。

 

これに気づいた時、会社は成長します。