【コロナ禍の飲食店経営について】冷凍食品では、店内営業の売上減をカバーできない

【コロナ禍の飲食店経営について】冷凍食品では、店内営業の売上減をカバーできない

 

今まで一番有利だと考えられていたフードコートが、コロナの影響で何度も休業。そのため、冷凍食品に活路を見出そうとされますが、売上的にはほんのわずかです。

 

やはり、店内営業の売上は大きいです。店内営業のテコ入れをして、なおかつ新たな売り方が必要です。

 

フードコートでは、テイクアウトや弁当、デリバリーが売れません。その点も考慮しないといけません。

 

大きく売上を上げるもの、それを考えないと、このピンチを切り抜けれないです。

 

みなさん、冷凍食品ならと言って参入されますが、売上的にはほんのわずかです。

 

それよりも抜本的な改革を行うこと。

 

そこにかかっています。