【食堂レストランのコロナ禍の状況について】店内営業は強いが、弁当になると弱い

【食堂レストランのコロナ禍の状況について】店内営業は強いが、弁当になると弱い

 

外出自粛が大きくて、来店客数が減っている。そこで、弁当を始められますが、強気な価格設定1個800円を超える弁当になっていて、売れていません。

 

店内営業で人気だったとしても、弁当は別です。弁当には、売れる価格と内容があります。

 

過信しないこと。売れる商品と価格が大事です。

 

これが、大手チェーン店の戦略のため、なかなか変更・修正が難しいです。

 

例えば、弁当やテイクアウトの場合、店内で提供している価格よりも安くしないと魅力がないです。

 

安くなっているということを見せないと、売れないでしょう。

 

すべては価格です。ここを間違えると、売上は上がらないです。