【運命共同体にならない経営の仕方】ホテル・旅館専門のお米屋さん

運命共同体にならない経営の仕方】ホテル・旅館専門のお米屋さん

 

昔、ホテル・旅館をメインの取引先にしていたお米屋さんが絶好調でした。都会では考えられない売上です。

 

生の米だけでなく、炊飯したごはんやおにぎりまで納品しているところがありました。

 

ところが、コロナの影響でホテル・旅館はガタガタです。売上が立ちません。

 

良い時は良いですが、こういう状況になると、立て直しが難しいです。

 

だから、経営は運命共同体にならないこと。

 

いくつも可能性を持っておかないと、厳しいです。

 

ホテル・旅館の復活を待つ?

 

それが、いつになるでしょうか?

 

運命共同体だけは、避けて下さい。