【コロナ禍の経営について】コロナをどうとらえるか?

【コロナ禍の経営について】コロナをどうとらえるか?

 

例えば、お好み焼き店の場合、長期の休業され、コロナが収まるまで営業しないという店があります。

 

一方、すぐに弁当の販売を開始し、通常営業の売上を超えている店もあります。おそらく、コロナがなかったら、弁当の販売はされなかったでしょう。でも、思いもよらない結果が出ています。

 

コロナさえなければと考えるのではなく、コロナでも生き残って行ける方法を考えること。この差は、大きいです。

 

おそらく、コロナで勝ち組の方が出て来るでしょう。

 

愚痴をこぼすよりも、行動に移した方が良いです。