【コロナ禍の食生活について】緊急事態宣が出てお酒がお店で飲めないので、外食はせずデリバリーになっている

【コロナ禍の食生活について】緊急事態宣が出てお酒がお店で飲めないので、外食はせずデリバリーになっている

 

緊急事態宣言が延長され、どの店も休業。食事をするところがないです。開いているのは、大手チェーン店だけです。

 

後開いているのは、コンビニエンスストアだけ。しかし、毎日では飽きます。

 

そこで、需要が一気に高まっているのが、デリバリーです。簡単に注文できますので、便利です。

 

混んでいて、なかなか注文でいない時があるくらいです。

 

これが、都会の食生活風景です。デリバリーの有無は、食生活を大きく変えます。

 

だから、二極化しているような気がします。

 

どういう食生活をするかは、このデリバリーにかかっています。