【繁盛美容室の閉店より】自宅兼店舗の個人店よりも店舗展開している店が閉店

【繁盛美容室の閉店より】自宅兼店舗の個人店よりも店舗展開している店が閉店

 

美容室の閉店からわかること。

 

それは、自宅兼店舗の個人店よりも店舗展開している店が閉店しています。

 

どうしても本部費や間接費がかかるからです。

 

自宅兼店舗の場合、切り詰めれば切り詰めれます。

 

意外と安くして店舗展開したところが、閉店に追い込まれています。

 

条件の良いところに店を出し続ける。これが、今までの経営戦略でしたが、それが通用しなくなっています。

 

安いだけでは、生き残っていけない。

 

ビジネスモデルが変化しています。