【食品スーパーの戦略について】安もんの店と言われたくない。ややアッパー気味の店と言われたい。

【食品スーパーの戦略について】安もんの店と言われたくない。ややアッパー気味の店と言われたい。

 

売れるのは、どこよりも安い店です。ところが、ある程度売れると、高級店を作ったり、アッパークラスの店を作ろうとされます。

 

しかし、そのような店は売れず、撤退です。それを繰り返しているのが、食品スーパーの業界です。

 

安くすると、安もんと言われる。

 

でも、売上は上がります。

 

コロナの影響で、よく売れているのは、安い店です。本当にお客様が入っています。

 

プライドだけでは、商売はできません。

 

過去の事例もいっぱいあるわけですから、どの方向が良いのか、考えた方が良いです。