【月曜日の朝一の食品スーパーの風景について】お米売場が欠品状態

【月曜日の朝一の食品スーパーの風景について】お米売場が欠品状態

 

月曜日の朝一番に、ある繁盛食品スーパーへ行ってみると、お米売場が欠品状態です。

 

売れてしまって、売場はガラガラ。特に、安いお米から売れています。

 

これが、コロナ禍の現状です。

 

緊急事態宣言が出て、飲食店が休業しているため、余計に家でごはんを食べるようになっています。

 

ちょうど新米も出てきたり、野菜が高騰しているため、お米はお買い得です。

 

これだけ米が動くと、食品スーパーもうれしい悲鳴です。

 

米売場の底が見えている状況、まだまだ続きそうです。