【コロナ禍の新業態開発について】一つのお店に2つの専門店

【コロナ禍の新業態開発について】一つのお店に2つの専門店

 

一つの店で入り口は2つありますが、中でつながっています。特に厨房がつながっているのが良いです。

 

これなら、店主一人で2つの料理を提供できます。

 

お客様は、好みで2つの店を使い分けできます。

 

どちらも基本的には、カウンター形式なので、お一人様用です。

 

コロナでお客様との会話も厳禁で、黙食です。

 

だから、このスタイルが会っています。

 

コロナだからこそ、出てきた業態かもしれません。

 

しばらく、注目です。