【都会と地方都市の温度差について】デリバリーと自動販売機ビジネスが通用するかどうか?

【都会と地方都市の温度差について】デリバリーと自動販売機ビジネスが通用するかどうか?

 

コロナの影響で、都会では新しいビジネスが生まれています。それは、デリバリーと自販機ビジネスです。自販機は、飲料系ではなく、食事系です。

 

こういうものを利用するのが当たり前になっています。飲食店が休業していても、それに代わるものがあります。

 

だから、非常に便利になっています。

 

しかし、地方都市へ行くと、こういうものがなかったり、まだまだ進んでいません。

 

そのため、食に関しては、二極化しているような気がします。

 

一度便利なものを知ると、それから離れることができなくなります。

 

ますます、差が付くような気がします。