【コロナ禍の飲食店経営に対する考え方の変化について】自分の店を持つという夢からビジネスを興すという夢へ

【コロナ禍の飲食店経営に対する考え方の変化について】自分の店を持つという夢からビジネスを興すという夢へ

 

今までは、自分の店を持つというのが夢でした。ところが、コロナの影響で、店を出しても売れるかどうかわかりません。

 

そえよりも、最初から弁当やテイクアウトが売れたり、デリバリーを考えた方が良いです。

 

あるいは、自販機ビジネスなども出てきています。

 

もう、店を持つことだけが夢ではないです。

 

それを実感している若者は、新たなビジネスを仕掛けています。

 

自分の店を持ちたいと思い過ぎると、後れを取ります。

 

店を持たないという方法もあります。

 

夢に対する考え方が、変わってきているような気がします。