【繁盛食品スーパーの戦略について】一日祭り(ついたちまつり) 通常より1時間早く開店

【繁盛食品スーパーの戦略について】一日祭り(ついたちまつり) 通常より1時間早く開店

 

朝早く行ってみると、駐輪場は自転車でいっぱいです。新聞折込チラシは入っていますが、お客様が1日は安い特売商品が出ていることをご存じです。

 

1日は、通常より早く開店して、特売品をたくさん出す。これが、繁盛食品スーパーの戦略です。

 

ついたちまつりは、菓子専門店などで昔からよくやっていましたが、食品スーパーもやり出しています。

 

これが定着すれば、売上を伸ばすことができます。

 

また、お客様がこの日を期待して、待っておられます。

 

だから、徐々に客数も増えて行きます。

 

このやり方が、一番手堅いかもしれません。