【飲食店経営の見分け方】安い業態が流行っているかどうか?

【飲食店経営の見分け方】安い業態が流行っているかどうか?

 

飲食店経営は、日本全国同じということはないです。その一つの見分け方が、安い業態が流行っているかどうかです。

 

例えば、大阪では、ランチに1,000円以上は使いません。ランチは、1,000円以下というイメージが昔からあります。

 

ところが、地方都市へ行くと、普通にランチに1,000円以上のメニューがあります。

 

町中を歩いたり、周辺を調査し、安い業態が出てきているかどうかが大事です。

 

安い業態が繁盛していると、それに合わせる必要があるからです。

 

でも、やはり一番強いのは、安さです。

 

おいいものを安く提供し続けることが、最強の戦略になります。

 

安さをどう見せるか、そこが大事です。