【食品スーパーの販売戦略について】さつまいもの陳列量が少ない

【食品スーパーの販売戦略について】さつまいもの陳列量が少ない

 

病気が発生して、今年はさつまいもの生産量が少ないようです。そのため、食品スーパーでも扱い量が減っています。そのことがテレビでも報道され、消費者は知っています。

 

さつまいもを探している人すら出てきています。

 

こういう時こそ、さつまいもを目玉商品にするのが良いです。

 

鳴門金時が1個198円と高価になっています。そのため、袋売りではなく、バラ売りです。

 

さつまいもは、いつでも安く食べれるものでしたが、いつの間にか高級品になっています。

 

さつまいもの有無で、集客が変わってきそうです。