【コロナ禍の年末の風景について】義理や儀式でやっていた忘年会はやらない

【コロナ禍の年末の風景について】義理や儀式でやっていた忘年会はやらない

 

年末になると、会社の忘年会がありました。ところが、お金は会社持ちでも、嫌々参加されていた方がおられます。

 

でも、そういう忘年会は、徐々になくなっています。

 

嫌々参加の方にとってはラッキーです。

 

やはり、忘年会は義理でやるのではなく、気の合う人とやるのが良いです。

 

中身の濃い忘年会でないと続きません。

 

だから、会社主催は意味がなくなっています。

 

それに、もし大きな忘年会をやってコロナ感染するとたいへんです。

 

また、みんな自粛の気持ちがあり、やろうとされません。

 

無駄なお金は使わない。それが、本音です。

 

忘年会のあり方、変わって行きそうです。