【コロナ禍の飲食店の現状について】大きな忘年会ができなくても焼肉店にはお客様が戻っている

【コロナ禍の飲食店の現状について】大きな忘年会ができなくても焼肉店にはお客様が戻っている

 

お酒が提供できるようになり、さてどのような状況になっているか?

コロナ前の売上までは戻っていない。

それに、大型の忘年会を避ける傾向があり。予約が入らず、売上が上がっていない。

そういうことを良く効きます。

 

ところが、焼肉店は、他の飲食店に比べて良いようです。

元々、焼肉店では、大きな宴会はないです。できないです。

テーブル一つを囲んで食べるスタイルです。

 

もし、宴会をするにしても、少人数の仲間や家族で行くくらいです。

 

それに、1回目のコロナ感染拡大の緊急事態宣言解除でも、アンケートで最初に行きたい店は、焼肉店でした。

 

どうしても、焼肉店には憧れがあります。

 

そのため、回復が早いみたいです。

 

宴会がなくても数字が上がる店が強いです。

 

それに、客単価が高い業態で、今までの自粛のうっぷんを払うかのようなお金の使い方をされる方が多く、有利に働いています。

 

しばらくは、焼肉店に注目です。