【コロナ禍の仕出し料理店の生き残り策について】仕出し料理専門店が弁当屋になっている

【コロナ禍の仕出し料理店の生き残り策について】仕出し料理専門店が弁当屋になっている

 

お酒を提供できるようになり、元の営業スタイルに戻すのかなぁと思っていましたが、変えておられません。

 

朝10時から1個600円の弁当を山積み。これが当たっているからです。

 

大きな宴会もできないため、宴会場は使用していない状態です。

 

ところが、弁当は意外と売れています。そのため、徐々に積み上げる弁当の量は増え、さらに販売開始時間が徐々に早まっています。

 

新たなビジネスを開拓したような感じです。

 

仕出し料理専門店だけでなく、弁当屋として行き残っていく。

 

時代の変化についていけないと厳しいような気がします。