【コロナ禍の商品価格について】弁当が価格下落を招いた

【コロナ禍の商品価格について】弁当が価格下落を招いた

 

食品スーパーで売っている1パック680円のイチゴが高く感じる。

それに、弁当は、300円台で食べれる時代。

 

コロナ禍で、安く食事を済ませることを覚えました。そのため、今まで普通だったものが、高く感じるようになっています。

 

常に、弁当の価格が基準です。

 

この価格なら、弁当がいくつ買えると考えてしまいます。

 

意外なところで、デフレが起こっています。

 

弁当が世の中を決める?

 

それが、現実に起こっています。