【飲食店の店舗展開について】店を増やすよりも自販機ビジネスを考える

【飲食店の店舗展開について】店を増やすよりも自販機ビジネスを考える

 

例えば、中華料理専門店やラーメン専門店が、出店を止め、新たな方向を考えておられます。

 

例えば、自店の近くに餃子の無人販売所ができれば、売上は激減します。

 

それに、この餃子の無人販売所、コストがかかりません。

 

同様に、自販機ビジネスで伸ばそうと考えている、製造業の方が増えています。

 

焼きいもも、自販機で売る時代です。

 

特に、人口が集中している都会では、食品の自販機が当たり前になるでしょう。

 

お金をかけて立派な店を作っても、売れるかどうかはわかりません。

 

お金をかけずに、自販機で売る。それが、今の時流です。