【飲食店の経営戦略ついて】深夜営業で儲けることができなくなった

【飲食店の経営戦略ついて】深夜営業で儲けることができなくなった

 

今までは、どこよりも遅くまで営業している店が有利でした。また、深夜営業に力を入れる店までありました。

 

ところが、コロナで時短営業が当たり前になり、夜22時以降の来店客数が、グッと減っています。

 

また、大手チェーン店では、24時間営業や深夜営業を止めるところまで出てきています。理由の一つが、スタッフがもう集まらなくなっているからです。

 

そこまで負担をかけてやる商売ではなくなっています。

 

コロナで生活習慣が変わり、時間の使い方が賢くなっています。

 

深夜営業を主体にした飲食店は、これからも厳しいでしょう。

 

一旦慣れたものは、なかなか元に戻りません。

 

深夜営業に代わるもの。これを探す必要がありそうです。