【コロナ禍の飲食店経営について】楽しさを追いかける戦略から、固定費がかからない戦略へ

【コロナ禍の飲食店経営について】楽しさを追いかける戦略から、固定費がかからない戦略へ

 

楽しさがないと繁盛しない?

ファミリーレストランなどは、この楽しさを追いかけて、店づくりをしてきました。

 

ところが、楽しさを追いかけるため、徐々にメニュー価格が上がり、高いっ店になってしまいました。

 

昔の経営者ほど、この楽しさを追いかけられます。

 

しかし、コロナでわかったのは、固定費がかからない商売です。

 

例えば、弁当やテイクアウトが売れれば、コストはかかりません。店舗運営管理費を抑えることができるからです。

 

さらに、最近増えている食品の自販機。これは、究極のコストカットです。

 

自販機で商品が売れれば、こんなに楽なことはないです。

 

黙食を求められている今、食事をしながら楽しむという雰囲気ではないです。

 

楽しさを追いかけ過ぎた店から苦戦しています。

 

飲食店の商売のあり方も変化しているような気がします。